HOME >> SDGs

  

アースインフィニティSDGsへの取り組み

         

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語で“持続可能な開発目標"という意味になります。SDGsは、2016年から2030年の15年間で達成すべき“世界共通の目標"として、2015年9月に国連で開催された持続可能な開発サミットで国連に加盟している全193カ国によって採択されました。発展途上国・先進国と国の状況を問わず、地球上のほぼすべての国が採択した国際目標であるため、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

         
         
         
         

誰ひとり取り残されることなく、人類が安定してこの地球で暮らし続けることができるように、世界のさまざまな問題を整理し、解決に向けて具体的な目標を示したのが、SDGs(持続可能な開発目標)です。
アースインフィニィは、社会と企業の持続的な発展に向けて社会課題の解決に貢献しながら、世界が目標に掲げるSDGsの達成にチャレンジしていきます。

       
         
         
         

アースインフィニティは電気・ガス・水と環境領域において事業を展開し、人々の豊かな暮らしを支えるとともに、それを担う地球環境にも配慮し、環境保全活動を推進しています。
私たちは、エネルギーをつくる方法のうち、再生可能エネルギーを使う方法の割合を大きく増やしていきます。

       
         
         

       
                 
         
         

アースインフィニティは毎日飲む飲料水を、ペットボトルからボトルウォーターへ変えることで、海洋プラスチックごみの削減に貢献し、G20大阪サミットにて共有された、海洋プラスチックごみによる新たな汚染を2050年までにゼロにすることを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の実現に貢献します。

       
         
         
         

アースインフィニティは女性のエンパワーメントに注力しており、女性管理職候補の育成、管理職のダイバーシティ・マネジメント力向上に積極的なことが評価され、大阪市が実施している認証事業である『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』の最高賞である2つ星の認証を受けております。意欲のある女性が活躍し続けられる組織づくりに努め、ジェンダー平等の実現を目指します。